労災保険「特別加入」のご案内

1「特別加入」とは?
densya_highheel_fumuほんらい、労災保険は、労働者の業務中に、あるいは通勤中に生じた災害に対して、国が保険給付をおこなうもので、労働者以外の人は加入できません。
ところで、中小企業の場合には、その業務の性質や危険の程度からみて、労働者以外の人であっても、一定の条件をみたせば特別に、労働者と同じように労災保険に加入することができます。
これを「特別加入」といいます。労働者の場合とは異なり、任意に加入するものなので、強制ではありません。
2 特別加入の条件
労働者以外の人が特別加入するためには、つぎのような条件をみたす必要があります。
■労働保険事務の委託
労働保険事務組合に労働保険料の申告納付などの事務処理を委託していること。
当協会も労働保険事務組合の認可団体です
jishin_building_before■会社の規模
会社全体で常時使用する労働者が300人以下であること。
ただし、業種が卸・サービスのときは100人以下
金融・保険・不動産・小売のときは50人以下
■加入できる人
事業主と、その家族で業務に従事する人
法人の役員
3 特別加入のメリット
leader_manほんらい、労働者以外の人は労災保険の対象外です。
そのため、代表取締役などの役員は、万が一の災害にそなえて、民間の生命保険や傷害保険に加入するケースがありますが、一般に民間の保険制度と特別加入の制度とを比べた場合、特別加入にはつぎのようなメリットがあります。
■会社負担の保険料が比較的低額です。
■公的な制度なので給付が充実しています。(一般に民間保険では保険金の額に上限がありますが、特別加入では全額補償や生涯支給があります。)
■労働者とほぼ同等の範囲で補償が受けられます。
■労働保険の事務処理の委託とセットなので手続きが簡単です。
4 保険料の額
money_saifu特別加入のための保険料(年額)は、加入者が選択する「給付基礎日額」にもとづいて決まります。
給付基礎日額とは、保険給付の具体的な額を算出するための基礎となる額で、3,500円~25,000円まで設定されています。
【例1】業   種  印刷業
加入希望者  事業主1名
給付基礎日額 20,000円を選択
[計算] 20,000円×365日×(3.5/1000)=25,550円(年間)
*3.5/1000は印刷業の労災保険料率
【例1】業   種  広告宣伝業
加入希望者  代表取締役社長、専務取締役 計2名
給付基礎日額 社長20,000円、専務10,000円を選択
[計算] 30,000円×365日×(3.0/1000)=32,850円(年間)
*3.0/1000は卸売業の労災保険料率
5 補償の範囲
特別加入をした人は、基本的に、労働者と同等の範囲で補償を受けられます。
ただし、業務災害の場合、たとえ所定労働時間内であっても「事業主の立場でおこなう業務」(たとえば経営者会議へ出張など)の最中に生じたものに関しては、対象外です。
6 保険給付の種類

syorui_morau_woman特別加入をした人が業務災害または通勤災害にあった場合には、つぎのような種類の保険給付を受けられます。また、これとあわせて、一時金(特別支給金)を受けられることがあります。
■病院などでの治療費
■休業したとき(4日目以降)の補償費
■障害がのこったときの年金や一時金
■死亡したときの遺族への補償費

Just another WordPress site